【2020年】ワークマンのレインウェアおすすめ10選!種類別に紹介!

【2020年】ワークマンのレインウェアおすすめ10選!種類別に紹介!

作業着で有名なワークマンですが、高品質でありながら低価格なレインウェアも多数取り扱っています。夏でも快適に着れるものやハードな現場作業用として使えるものなど、ラインナップ多種多様です。この記事では雨対策におすすめなワークマンのレインウェアを種類別に紹介します!

記事の目次

  1. 1.ワークマンのレインウェア
  2. 2.ワークマンのおすすめレインウェア【上下セット編】
  3. 3.ワークマンのおすすめレインウェア【上着編】
  4. 4.ワークマンのおすすめレインウェア【パンツ編】
  5. 5.ワークマンのレインウェアのおすすめポイント
  6. 6.ワークマンのレインウェアの選び方
  7. 7.防水性能について
  8. 8.ワークマンのレインウェアで雨対策を!

ワークマンのレインウェアのおすすめポイント

出典: https://workman.jp/shop/g/g4986321013157/

ワークマンの商品は安くて品質のいいものばかりで、もちろんレインウェアも例外ではありません。そんなワークマンのレインコートの特徴や、雨具としての機能性などを詳しくみていきましょう。

優れた機能性

出典: https://workman.jp/shop/g/g2300067501020/

まずは大前提として、雨具としての機能性に優れていることが重要です。どの製品も基本的に可能な限り軽量かつ薄く作られていて、それでありながら防水性・透湿性などにとても長(た)けています。折りたたむと手の平ほどのサイズになるコンパクトなものや、豪雨にも耐える高い防水性能を備えたものなど、それぞれの製品に特徴があります。

優れた運動性

出典: https://workman.jp/shop/g/g2300067555221/

身体の動きを邪魔しない立体裁断や、伸縮するストレッチ素材を採用した製品も数多くあります。ばたつきを抑えるために基本的に細身に作られていますが、腕上げや深くしゃがむ場面でも楽々とスムーズに行えます。現場での作業用としてや、アウトドアやスポーツなどにもぴったりです。

おしゃれなデザイン

出典: https://workman.jp/shop/g/g2300044011214/

ワークマンのレインウェアはタウンユースでも使えるようにデザインされたものも多く、デザインやカラーバリエーションもとても豊富で、「おしゃれでかわいい」と女性ファンも増えています。最近ではファッションやアウトドアに精通した方々とのコラボ製品も登場し、ますます人気が高まっています。

ワークマンのレインウェアの選び方

ワークマンのレインウェアはラインナップ数が多くあらゆるニーズにこたえてくれますが、いざ選ぶときにはどれにしようか迷ってしまうかも知れません。そこでおすすめの選び方のポイントを紹介するので、こちらも参考にしてみてくださいね。

耐水圧・浸透性で選ぶ

まずは雨具としての基本性能である、防水性能をチェックしましょう。ワークマンのレインウェアには、「耐水圧」と「浸透度」が数値で記載されています(無いものもあります)。それぞれどのようなものなのか、詳しくみていきましょう。

耐水圧

出典: https://workman.jp/shop/e/erainwear/

耐水圧とは、ウェアの生地がどれだけの水圧に耐えられるかを数値化したものです。JIS(日本産業規格)が定めた測定方法でテストを行い決定しています。使用シーン別の耐水圧の目安は、小〜中雨程度での使用なら2,000mm〜、雨の中での作業者やアウトドアなら10,000mm〜、豪雨やバイク・自転車などの高い圧力がかかるシーンでは20,000mm〜となっています。

浸透度

出典: https://workman.jp/shop/e/erainwear/

浸透度は蒸れにくさを数値化したものです。数値が高いほど浸透性がよいということです。特に汗をかく夏場に使用するなら、浸透性が高いものを選ぶとよいでしょう。注意点としては、透湿性がよい=通気性がよい、ということになるので、ウェア内の湿気を排出する反面、外からの水の侵入もしやすくなります。ご自身の利用シーンに合わせて選んでくださいね。

形状やセット内容で選ぶ

出典: https://workman.jp/shop/g/g2300067528027/

製品によって、上着だけのものやパンツだけのもの、上下セットになっているものや、丈が長めのレインコートなどがあります。お手軽に上下セットを選ぶもよし、別々に選んで性能やデザインなどにこだわるものありでしょう。収納袋が付いてくる製品もあります。

使用する季節で選ぶ

出典: https://workman.jp/shop/g/g2300067556228/

夏などの暑い季節に使うなら裏地がメッシュ素材になっていたり、蒸れを軽減させる透湿性が高くてベンチレーションが付いている製品がよいでしょう。冬の寒い時期に使うなら保温性を重視して浸透性は低め、耐水圧のしっかりとした製品がおすすめです。

防水性能について

撥水と防水の違い

雨の侵入を防ぐための防水性能を表す基準には、撥水・防水・完全防水などがあります。ワークマン製品では、【撥水】は生地表面に加工を施して水を弾くものを、【防水】は生地にフィルムコーティングなどを施して水を通さない仕様のものを指します。

完全防水は難しい

【完全防水】とはその名の通り完全に水を通さない仕様のことですが、縫い目や可動部が多いレインウェアにおいては完全防水とはいかないのが現状です。とはいえワークマンのレインウェアは独自の製法で撥水・防水性や耐久性を高い次元で実現しているので、納得の防水性能を発揮してくれます。

ワークマンのレインウェアで雨対策を!

出典: https://workman.jp/shop/e/erainwear/

ワークマンのレインコートはどれも高性能でありながら、とてもリーズナブルです。高い耐水・透湿性で夏でも蒸れにくく体の動きを邪魔しない造りなので、外現場の作業者やアウトドアなど、シーンを選ばず活躍してくれるでしょう。形状やデザインなどの種類も豊富に揃っているので、ワークマンのレインコートでお得に雨対策をしてくださいね。

ロードバイク用レインウェアおすすめ5選!人気のGORE-TEXなど!のイメージ
ロードバイク用レインウェアおすすめ5選!人気のGORE-TEXなど!
雨の日のロードバイクには必須のレインウェアは快適な走行をするには大切なアイテムです。高機能なレインウェアもおすすめで長時間のロードバイクでも負担はかかりません。この記事ではおすすめのレインウェアについて厳選したものを紹介するので選ぶときの参考にしてください。
【雨の日×自転車】レインウェア8選!スタイル別におすすめをご紹介!のイメージ
【雨の日×自転車】レインウェア8選!スタイル別におすすめをご紹介!
レインウェアがあれば、雨の日でも安全に自転車に乗れます。しかし、レインウェアも多種多様で、選ぶのも一苦労です。そこで、今回はスタイルごとにおすすめのレインウェアと便利なグッズを紹介します。レインウェアで、雨の日の自転車を快適にしましょう。
Tak
ライター

Tak

雨でも風でも気合いで自転車通勤!己を限界に追い込めるロングライドやヒルクライムが大好きドエム系サイクリストです。

関連記事

Article Ranking

記事はありません。